岐阜県畜産研究所酪農研究部

酪農研究部紹介



職員構成
施設配置図

敷地面積
  26.7ha
(内訳)
建物  2.57ha
採草地10.00ha
飼料畑3.00ha
放牧地5.87ha
野草地1.13ha
その他4.13ha


飼養頭数
    101頭
(内訳)
成牛  71頭
育成牛 20頭
子牛  10頭

沿革
1963年(昭和38年)岐阜県畜産センター発足(美濃加茂市:現養豚研究部)
1967年(昭和42年)岐阜県畜産試験場と改称
1973年(昭和48年)岐阜県畜産試験場草地酪農試験地として山岡町に設置
1982年(昭和57年)岐阜県畜産試験場酪農部として事務所、牛舎等の整備
1994年(平成6年) フリーストール、ミルキングパーラーシステム牛舎整備
              自給飼料分析事業を開始
1996年(平成8年) 海外より受精卵導入、受精卵移植用クリーンルーム整備
2000年(平成12年)岐阜県畜産研究所酪農研究部と改称
2008年(平成20年)家畜性判別胚供給事業を実施
交通アクセス

交通案内

酪農研究部はJR恵那駅前から南西方向の夕立山山頂に位置しています。
車またはタクシーをご利用ください。


JR中央線恵那駅下車 車又はタクシーで25分

中央自動車道恵那インターより25分