☆大学・企業・畜産技術者のみなさんへ☆

畜産研究所養豚研究部は、養豚生産技術や畜産環境対策についての
情報提供や、技術相談・技術支援を行っています。
相談は無料で、相談内容に関しては秘密を厳守します。

どなたでも下記の連絡先にお気軽にお問い合わせください

◎情報提供について

                                  

畜産研究所養豚研究部では毎年、研究成績発表会を開催しています。
今年度は平成19年3月9日にグランヴェール岐山(岐阜市)で、3課題の発表がありました。

1.環境を守り、資源を活かす
   〜堆肥舎から発生する
     アンモニア臭から硫安を生産

2.デュロック種の新系統
  「アイリスナガラ」について
   〜愛知県と共同で開発した
     アイリスナガラの能力と特徴

3.豚肉質を改善するための
   飼料の開発
   〜ドリップロスを少なくする
     飼料の開発 

◎技術相談・技術支援
 これまでにこのような相談がありました

・肉質を改善する飼料を開発したい
・筋肉内脂肪の高いデュロック種について知りたい
・豚の生体サンプルの採取方法を知りたい
・ナノテクノロジーを用いた白血球、機能解析について相談したい
・豚銘柄化への技術支援をしてほしい
・豚生体や肉質について審査、評価してほしい
・子豚の入墨方法について知りたい
・豚の繁殖障害対策について知りたい

・堆きゅう肥を作る機械の性能調査をしたい
・臭気から硫安水溶液を生産する装置の活用法について知りたい
・家畜ふんのガス化発電の実証試験方法を知りたい
・畜産事業所の汚水処理方法について知りたい
・板状堆肥について知りたい
・堆肥品質評価関連機器の使用方法が知りたい




◎畜産研究所養豚研究部から皆様へ次のご協力をお願いします。
  
面談によるご相談はできるだけ事前にご連絡ください。



   
<お問い合わせ先>
   住 所   〒505−0037
          美濃加茂市前平町3−8
          岐阜県畜産研究所養豚研究部
   電話    0574−25−2185
   FAX    0574−28−4132
   E-mail:  boxswine@livestock.rd.pref.gifu.jp